得意になれることを見つけてあげることの大切さ

私は本が好きです。本のある空間や図書館、本屋さんなども好きです。
自分の子供にも本が好きになってもらえたらなぁ、
一緒に出かけることができたらいいなと子供ができる前からそう思っていました。

先に出産した友人から本の読み聞かせを毎日していたら、
周りの子よりも話し始めるのがとても早かったからと、
出産祝いに絵本を送ってもらいました。

ちょうど私も読み聞かせを赤ちゃんの頃からしてみたいと思っていたので、
その絵本と市がプレゼントしてくれた絵本を時間がある時に読んでいました。

その本の内容を理解してるとは思っていませんでしたが、
視覚的に何かを感じ取ってもらえたらと思って、
ちょうちょが出てくる場面では、本をひらひらさせたりと
本が身近な存在になってもらえるように、
工夫しながら読むようにしていました。

そのうち本は自分の子供にとって身近なものになり、
おもちゃのように触って遊ぶ存在になりました。

自分でめくれるようになるとペラペラとめくる楽しさがわかるようになり、
とても楽しそうにしていました。
私は自分の大好きな図書館に2週間に1度通い、
赤ちゃんが見やすくはっきりとした色合いの絵本をたくさん借りてきて、
毎日読ませるようにしていました。
そのためか、友人が言っていたように
私が話している話がわかっているように感じることも多くなり、
1歳4ヶ月の頃には、雷が鳴った状況を擬音語を使って、
私に伝えられるようになっていました。

私の子供は本が大好きになり、どこかに遊びに行っても本がある棚に近づいていこうとします。

そのため本が好きならいつか読めるようになればもっと楽しいのではないかと思い、大好きなアンパンマンでひらがなが書いてある絵本を毎晩読むことにしました。

ひらがなを抑揚つけて読み、音で楽しんでもらえるようにしました。

毎晩その本を読むのでその本を嫌がる時もあり半年ほど読まず、
また読みだすとその半年前の内容をしっかり覚えていたりと
驚かされることもありました。

3歳になる前にはひらがなを全て読むことができるようになりました。

街で見かける看板や車のナンバーを楽しそうに読みながら歩くようになりました。

周りの友達はまだ全く読めないので、本人は自信満々読めることを
周りのママにアピールします。

そしてたくさんの人に褒められ、どんどん自信をつけてきました。

そのうち自分が読めないものがあるということにイライラし始め、
カタカナも勉強すると言って自分でカタカナの書いてある本を繰り返しめくり、
シール付きのものだったのですがそのシールを繰り返しはり覚え、
1ヶ月ほどでカタカナもマスターしてしまいました。

私の子供の場合、文字を読むということが自信につながり、
向上心につながりました。何か1つでもその子供が得意になることを
見つけてあげられると良いのかなと思います。

食事のルールは…『嫌いなもの・初めてのものでも一口は必ず食べる』

3歳までに長男にやらせておいてよかったこと、それは『嫌いなもの・初めてのものでも一口は必ず食べる』ということです。

長男が離乳食を卒業し、私たちと同じ食事をするようになった頃です。
誰もが通る道だとは思いますが、意識的に好き嫌いをするようになってきました。

嫌いな食材は見るなり嫌、好きなものだけたくさん食べてお腹いっぱい等…。
そのころから、食についての育ち方が真逆な私たち夫婦は息子へ食事について今後どのように教えていこうかよく相談しました。

私の主人は子どもの頃から食べ物は大切に、好き嫌いするなら食事は出しません、食べ物・食事の道具で遊んではいけません等…食事に関して厳しく育てられました。

逆に私は、子どもの頃から好き嫌いが激しく嫌いなものは残す、しかも食べず嫌い。いつも自分の好きなものを食事に用意してもらうというように甘やかされて育ちました。
まだ幼い長男に厳しくしなくてもそのうち食べられるようになるのではと思う私に、主人はいつも「じゃあ、いつから厳しく言うことが効果的というボーダーラインでもあるの?どういう教え方をするかは各家庭で決めていくことでしょ。

初めから食事は大切なものだからと厳しくしておいた方がいいのでは?途中で急に厳しくなんてことの方が酷なのでは…」と私に話しました。
確かにそうなのかなという思いと、自分も食べず嫌いや好き嫌いが多いことで大人になってから大変な思いや損してきたなと思うこともあり『嫌いなもの・初めてのものでも一口は必ず食べる』を食事のルールにすることにしました。

初めは、嫌いなものをなかなか口に運ばなかったり口を開けなかったりで食事時間が長くなりました。
また、その度に怒られたり、怒られるのが嫌で泣きながら食べることもありました。
これが続くと食事時間が嫌いになるだけではと思った私は、なるべく嫌いを感じさせないように形や味付けを変えてみたり、息子がぬいぐるみに食べさせ私が息子に食べさせるというような遊びを取り入れたりしてみました。

すると、次第に息子は嫌いなものでも少しは食べてみようと自分から挑戦できるようになりました。
そして、完食が無理な時は少しずつ量を増やしていこうねとなりました。
また、知らず知らずのうちに食べず嫌いはしなくなっていました。

これにより、幼稚園入園後に給食が始まってからも給食の時間を苦痛とは思わず楽しみの時間と思えているようです。
しかし、後悔していることが…それは、次男にはこの食事のルールを曖昧にしてしまったことです。
いつか食べられるようになるという私の気持ちが優先してしまい、嫌いなものを残したり食べず嫌いを見逃したり…。

その結果、次男は野菜嫌いの食べず嫌い。幼稚園の給食で苦労しているようです。
また、便秘がちにもなってしまったので、慌てて食について厳しくなった私に驚いているみたいです。

次男に給食で苦労をさせてしまったり体内のリズムを狂わせてしまったことで、今更ながら『嫌いなもの・初めてのものでも一口は必ず食べる』の食事ルールをやらなかったことを後悔しています。

私の子どもとの向き合い方

娘、現在6歳、息子、現在3歳、私が育てているのですが、性格も育て方も全然違うようになってしまっています。
娘はもちろん一人目の子育てなので、私も同時にママとしてスタートし、いろいろ試行錯誤しながら育ててきました。
何か月でこれができるようになって、これを覚えさせなど、市の保健センターの指導要綱やネットを何回も見ながら確認して育てていました。

そのため、食事に関しては、甘いものを控えめに、できるだけ手作り、ジャンクフードは極力食べさせないなど、祖父や祖母には厳しすぎると言われつつも徹底していたことで、おなかを壊したりもせず、風邪をひきにくくて虫歯もなく、すくすす育ってくれました。

トイレのトレーニングも2歳から初めて私も積極的に頑張っって促したり応援したりしたため、3歳では完璧におむつがとれ、夜も行きたくなると起きていくようになりました。

周囲からも子育てが順調に進んでいると褒めてもらえ、私も、じっくり向き合い、何でも面倒くさがらずに説明を繰り返し、しっかりとかかわりをもって育てたせいか、人の話をしっかりと聞いて自分の頭で考えて話ができる落ち着いた子に今のところ育ったと感じています。

息子にはそこまでできていないままあっという間に3歳を過ぎてしまい、自分でも反省しています。
同じようにしっかりとかかわりを持って育てているつもりが、上の子に合わせてジャンクフードを食べさせてしまったり、言い聞かせないといけないような場面でつい静かにしてほしい気持ちを優先させてしまい、お菓子で黙らせたたりと、上の子に禁じていたことを自分がやってしまっており、そういうことを反省しつつも繰り返してしまってここまで来てしまいました。

幼稚園の送迎でバタバタし、トイレトレーニングもしたりしなかったり、熱心に言い聞かせているわりにタイミングによっては姉を優先して放っておいてしまっていたりと、なかなかしっかり関われていないことが目立ち、3歳をすぎた今でも完全におむつが取り切れていません。

おむつは3歳までには取り切れると思っていたので、長期戦にしてしまい反省しています。
叱り方もつい厳しくしてしまい、もっとかみ砕いて言ってあげないといけない時期だと思っているので、上の子の時の気持ちを思い出しながら関わることを意識しています。

1人と2人では時間の使い方が違ってしまい、もっとしっかりとかかわりを持ってこれからも子育てをしたいと思っています。

トイレトレーニングと英語脳の形成

一つは三歳までにトイレトレーニングを終わらせておくことです。

保育園は三年保育が一般的になってきており、三歳から保育園デビューという子供が多いので三歳までに自宅でトイレトレーニングを済ませておくと保育園でも困らずに済みますし、先生にできるだけ迷惑をかけなくて済むのでこれは必ず三歳までにやらせておいたほうが良いです。

保育園の中でももちろんトイレトレーニングはしてくれますが、何しろ園児の数が多いため一人ひとりに手間暇をかけてあげることができません。

そしておむつがすんなりと外れた子はやはり先生から見ても手のかからない子として扱ってもらえますし、なかなか上手にできない子は先生の手もかかってしまい結果として親御さんも頭を下げることが多いので家でトイレトレーニングを済ませておくと安心して保育園に預けられます。

二つ目は三歳までに英語に触れさせておくことです。英語脳ができるのは生後半年までとも言われています。半年の子供に英語が分かるのか疑問に思うかもしれませんが、赤ちゃんの脳は膨大な量の情報を取り入れることができるのです。

つまり無限大なのです。この時期に英語に触れさせておくと、脳に自然と英語の考え方がインプットされて後々英語に出会ったときにすんなりと苦労せず英語を使えることができると言われています。

英語に触れさせるとは、英語の音楽を流したり英語のテレビ番組、アニメをつけておいたり、英語の本を見せてあげるだけでもよいのです。

とにかく日本語と同じように普段の生活の中に常に英語を取り入れておくことが重要です。三歳といえばおしゃべりができる時期なので小さいころから英語に触れさせておくと、脳が覚えているので英語の発音もネイティブ並みに上手に話せるようになります。もし英語を話せる人が身近にいればより良いです。

同世代の友達でも構いません。とにかく日本語も英語も同じように子供に与えることで英語脳は自然と出来上がってくるので三歳までには何かしらの英語に触れさせる環境づくりをすることが望まれます。

子供にやらせておけばと思ったこと

子供に3歳までにやらせたかったこと、それはピアノです。
それは子供に絶対音感を身につけてほしいと思ったからです。
一般的に絶対音感を身につけるには5から6歳までに習得させなければ一生習得することはできないといわれています。

絶対音感を身につけるという点でがほかの楽器でもよかったのですが、自分自身が習っていたこともあって(その他の楽器も一応一通り演奏することはできます。)、また指を細かく自在に動かすというのは子供の脳の発達に大変いいという話を聞いたことがあるので(一説によると一流大学に通った人に小さいころ習っていた習い事は何かと尋ねると圧倒的にピアノという答えが多かったという話を聞いたこともあります。)

ピアノをやらせてみたかったです。しかし、私の嫁はピアノの経験はなく、それどころか音楽にも興味があまりないような人物で子供のピアノを付き添ったり、教えたりするのが嫌だ。

とはっきり言われまして、自分では仕事の都合上、娘を見きることができそうになかったため、断念しました。
かくゆうわたしも絶対音感の持ち主なので、子供にこの感覚を持ってもらって、二人で語らいあうことができれば面白いかなという願望も少なからずあったので、残念な気はしました。

絶対音感を持っていると音楽的な興味はもちろんのこと、日々の暮らしでの音を基準とした基準とした記憶の構築、音の違いによる物事の違いなど感じることができる面白い感覚だと私は思っています。

楽器の習得にも持っていない人に比べて上達スピードは速いと思いますし、音楽の成績には必ずいい結果が付いてきます。(小学校から高校まで私の音楽の成績は5しか取ったことがありません。)進学にもプラスになるし、記憶の面でも能力が高くなるし、持っていて損はない能力だと思います。
これから3歳までに子供に何かをやらせたいと思っている親御さんには、ぜひ無理してでもピアノを習わせることをオススメします。

3歳までにを意識しすぎる親

子供も3歳になると、親も1つのチェックポイントをクリアした気がします。
トイレは、よく話題に出る内容です。
しかし、私はあまり気にしませんでした。

男女の差もある事で、しかも個々の性格に大きく左右される内容だと感じます。
友人の子供は、3歳になる前にオムツが取れて自分でトイレに行くよ!
こんな話を聞くと、普通は相当焦りますね…。

私の経験上、大抵は兄弟の真似事からスムーズに出来るみたいです。
一人っ子や、第一子目は苦労したと思いますよ。
2人目になると、親自体の慣れといい意味の記憶の喪失(子育ての辛い事)で出来る子に見えてしまいます。

手が掛からない、優秀な子供なんです。
もの覚えが良く、天才なんじゃない?
上の子を良く見て、真似から始める下の子は誤解されがちです。
だから、焦らず状況を把握するのが親の務めだと思います。
他にも、気になるのが言葉ですね。

男の子より、女の子の方がしゃべり出すのが早いのは感じます。
これは、先ほど述べた兄や姉がいるいないは関係ないかも知れません。

個人差はありますが、女の子は早いですね…。
しかも、3歳過ぎてからの単語から文章へと繋がるスピードは感心します。
会話も成立してきて、生意気な発言も増えるので偶に腹が立ちますが…。
この流れが、最終的にお父さんは臭いになるんでしょうか?

不安ですね…。

言葉に関して女の子は早い印象ですが、男の子も焦らない方がいいと思います。
保育所などに通い出して、友達や先生と話していたら追いつくと思います。
楽しい遊びや、先生に褒めてもらえる事があれば親にも言いたくなりますよね!
説明しないと伝わらないから、必ず言葉は覚えます。

ここで注意しなければならないのが親ですね!
一生懸命に伝えようとする我が子を、ダメ出しはしなし事です。
しっかりと聞いてあげて、違う言葉は優しく訂正するのが大事です。
私は、内容を理解してから返答をする様に心翔けています。
相手は子供です。
しかし、1人の人間です!
対等に話すスタイルは必要だと思います。
3歳までにやる事は、親が子供を認めて次のステップアップへの確認作業だと思います。

ピアノのレッスン

私が3歳までにやっておきたかったことは、ピアノです。
実際に、幼い頃からピアノは習っていたのですが、
私が習い始めた時は小学校の3年生からでした。

親しかった友人の誘いで始めましたので、
当時は、どうしてもピアノが弾けるようになりたかった
という訳ではなかったのですが、続けていくうちに、
先生のように上手に弾けるようになりたいとか、
同じレッスン教室に通っている上手な子のように、
私も弾けるようになりたいと、段々と思うようになりました。

でも実際の私ときたら、手の形や姿勢など毎回同じことを
レッスンで指摘されてばかりでした。

そのため気持ちもどんよりしてきて、いやな気持ちを抑えながら、
レッスンに事務的に通っているような感じになっていました。

最終的に高校生の前半まで通っていたのですが、
今となってはまったく手が動かなく、
なに1つ弾けない状態になってしまいましたので、
レッスンをずっと続けさせてくれていた両親には、
本当に申し訳なく思っております。

でも今になって、ピアノを3歳までにやっておきたかったなと思う理由は、
ピアノは始める年齢が早いほど、上手になると言われているからです。

実際にピアノが上手な子は、3歳くらいから始めている方が多いですし、
また、遅く習い始めた私の実体験を言わせていただくのであれば、
先生に指摘されたことを感覚ではなく、頭で理解してしまっていましたので、
頭が重くなることが多く、直しづらかったです(身に着けづらかったです)。

早いうちに習っておけば、感覚で身に着けられますので、
ピアノが弾けることが当たり前で、
私のようにまったく弾けなくなるということはなかったのかもしれません。

私が使っていたピアノは、ずっと居間に置いてあるのですが、
最近姪が遊びに来た時に、楽しそうに弾いています。

姪はピアノは習っていないので、好きなように弾いているのですが、
その姿を見ていると、不思議ですが、なんだか微笑ましく思えます。

もう少し一生懸命にピアノを習っていれば、
姪にもピアノを教えてあげれたのになと、今では思っております。

やっといてよかったことと後悔したこと

3年というのは長いようですがあっという間に3歳を迎えました。長男がちょうど3歳を迎え、この3年間を振り返ってみたいと思います。

・やっといてよかったこと

 たくさんの人と触れ合う
私は残念ながら旦那とともに地元を離れ、親戚も友達もいない他県での子育てがスタートしました。
専業主婦で、子供にたくさんの愛情を注ごうと子育てをしてきたのですが、積極的に児童館へ遊びにいって友達を作ったり、地域での子供が遊べるイベントやショーがあれば参加するようにしてきました。

結果、3歳を過ぎてからであったお友達をみていると未だに見知らぬ場所や大勢の知らない人がいるところでは思い切り遊べずにお母さんから終始離れられない、、といったことを見聞きしているので、小さなうちから積極的に子供・大人関わらず触れ合ってきたから物怖じしないワンパクな我が子ができつつあるのだと思っています。

(おしとやかを目指すのであれば違ったかもしれませんが)。また、幼稚園・保育園などたくさんの新しい情報を早いうちから入手できるのでママ的にもよかったと思います。

 英語にふれる
こちらに関してはまだ成果が出ていないので分かりませんが、よく幼少期から日本語以外の音を耳にする子としない子では将来聞き取れる音の数や発音数が変わってくるということなので早めに初めておいてよかったと思います。
実際、違和感なくアルファベットに興味を示してくれてるような気はします。

・後悔したこと

 トイレトレーニング
言葉でコミュニケーションをとれるようになってからの方があっという間に外すことができると聞いていたので、4月生まれだし、幼稚園までまだ時間があるし、と3歳になってからやってみたものの、あからさまに逃げるんですよね。

すでに外れている人を見ていると2歳前からやっていたとのことで、何もわからないうちに習慣づけてしまう方が結果的には楽だったような、、、と感じています。個性はあるので何とも言えないですが、我が家の場合はです。

他にもあるかもしれませんが、結局子育てはのやってよかった、後悔したというのは結果論でしかありませんし、どんな子供になれば正解というのはないので何はどうあれ、その子の個性をいい意味で伸ばせるように子育てしていきたいですね。
本当に子育ては試行錯誤の繰り返しです。面白いです。

3歳までにやらせておけばよかったこと

しいて言うならば、3歳までにやらせておけばよかったことは、
親や周りとたくさん遊ぶことです。

遊んできたつもりではいますが、2人目を産んでやっとわかったことは、
この可愛い期間は本当にあっという間だということ。

日々のことに追われて、なかなかゆっくり子供と
向き合って遊んであげることができなかった1人目の子。
お年寄りや親世代は言います。
可愛いのは今だけ、もっと余裕をもって遊ばせてあげればよかったと。

3歳までの子供ができることなんて、限られています。
あまり頭でっかちにならずに、ただ遊んで自由にさせてあげればよかった、
これから大変な人生が待っているんだから、
3歳までの何もできない間くらいは、なんでできないの!
と頭ごなしにたくさん怒ったりしなければよかった。
できなくて当たり前、今ならそれがわかります。

子供は大きくなっていけば、心配しなくても色々できるようになります。
だからこれを覚えさせなければ!と必死にならなくても、
ただ遊んであげて、親の笑顔をいっぱい見せてあげて、
もっと楽しい時間を過ごせばよかった。

これをしないとあれもしないとと焦るあまり、
大事なことを忘れていたような気がします。

おじいちゃんおばあちゃん世代が、余裕をもって
孫と遊んであげる気持ちが今ならわかります。

そんな焦らなくても、子供はちゃんと成長してくれるって、
わかっているんですよね。
こればっかりは、子供をたくさん産んでいく毎にコツを
つかんでいくことなのかもしれません。
1人目の子でそれをわかるのは無理なのかもしれません。

色々育児本やネットで正しい育児を見つけようと
悩まされていましたが、ただ笑顔で接してあげて、
怒らずに、遊んであげればよかったのかもしれないと、日々思います。

遊ぶことくらいしか、3歳未満はうまくできないと思います。
できないことを不安に思っていたあの時の私を、
できなくて当たり前だよと叱ってやりたい気分です。
たった三年しか生きていない子供に、多くを求めないであげてと思います。

3歳までにやっておきたいこと。

私が子どもが3歳までにやっておきたいことは、3つあります。

1つ目は、トイレトレーニングです。2歳代の夏からはじめて、なんとか3歳までにオムツを外したいなーと考えています。
オムツ代も節約できるので、ここは頑張っていきたいです。うちの子は、今2歳なので、今年の夏が頑張りどきです。

2つ目は、1人で食事ができることです。今は、手づかみでも、ちょっとずつスプーンやフォークを使って食べられるようになるように練習していきたいと思います。

1人で食事ができるようになると、手がかからなくなって楽になるので、なんとか3歳までに1人で食事できるよに、ちょっとずつ、スプーンとフォークで食べさせて行きたいです。なかなか食事も食べない時もあるし、課題は多いです。

なんでもよく食べてくれる子は、いいですよねー。羨ましいです。
でも、食事頑張っていきたいです。3つ目は、言葉のコミュニケーションです。言葉のコミュニケーションを増やして、自分の気持ちを上手く伝えられるようにしてあげたいと思ってます。

言葉を話して自分の気持ちを伝えることができれば、ストレスが軽減できるし、楽しく過ごせるかなーと思います。言葉で自分の気持ちを表すことができないと、泣くことも多くなるし、かんしゃくもおきやすいのかなーと思うので、ここも頑張って行きたいです。

自分の気持ちを伝えることができるように、子供の気持ちをできるだけ言葉にして、これがしたいんだねーとか、悲しいねとか、嬉しいねーとかの言葉がけを増やしてコミュニケーションをできるだけとるようにしています。

私が3歳までに子供にしておきたいことは、以上です。あとは、自分的にちょっとずつ貯金していってあげたいです。3歳までにいろいろ成長してから、幼稚園に送り出したいなーって思ってます。

この3つのことができていれば、きっと社会に入っていっても、スムーズに幼稚園生活がおくれるのかなーと思います。私がサポートできることを3歳までは、してあげたいなーと思ってます。