食事のルールは…『嫌いなもの・初めてのものでも一口は必ず食べる』

3歳までに長男にやらせておいてよかったこと、それは『嫌いなもの・初めてのものでも一口は必ず食べる』ということです。

長男が離乳食を卒業し、私たちと同じ食事をするようになった頃です。
誰もが通る道だとは思いますが、意識的に好き嫌いをするようになってきました。

嫌いな食材は見るなり嫌、好きなものだけたくさん食べてお腹いっぱい等…。
そのころから、食についての育ち方が真逆な私たち夫婦は息子へ食事について今後どのように教えていこうかよく相談しました。

私の主人は子どもの頃から食べ物は大切に、好き嫌いするなら食事は出しません、食べ物・食事の道具で遊んではいけません等…食事に関して厳しく育てられました。

逆に私は、子どもの頃から好き嫌いが激しく嫌いなものは残す、しかも食べず嫌い。いつも自分の好きなものを食事に用意してもらうというように甘やかされて育ちました。
まだ幼い長男に厳しくしなくてもそのうち食べられるようになるのではと思う私に、主人はいつも「じゃあ、いつから厳しく言うことが効果的というボーダーラインでもあるの?どういう教え方をするかは各家庭で決めていくことでしょ。

初めから食事は大切なものだからと厳しくしておいた方がいいのでは?途中で急に厳しくなんてことの方が酷なのでは…」と私に話しました。
確かにそうなのかなという思いと、自分も食べず嫌いや好き嫌いが多いことで大人になってから大変な思いや損してきたなと思うこともあり『嫌いなもの・初めてのものでも一口は必ず食べる』を食事のルールにすることにしました。

初めは、嫌いなものをなかなか口に運ばなかったり口を開けなかったりで食事時間が長くなりました。
また、その度に怒られたり、怒られるのが嫌で泣きながら食べることもありました。
これが続くと食事時間が嫌いになるだけではと思った私は、なるべく嫌いを感じさせないように形や味付けを変えてみたり、息子がぬいぐるみに食べさせ私が息子に食べさせるというような遊びを取り入れたりしてみました。

すると、次第に息子は嫌いなものでも少しは食べてみようと自分から挑戦できるようになりました。
そして、完食が無理な時は少しずつ量を増やしていこうねとなりました。
また、知らず知らずのうちに食べず嫌いはしなくなっていました。

これにより、幼稚園入園後に給食が始まってからも給食の時間を苦痛とは思わず楽しみの時間と思えているようです。
しかし、後悔していることが…それは、次男にはこの食事のルールを曖昧にしてしまったことです。
いつか食べられるようになるという私の気持ちが優先してしまい、嫌いなものを残したり食べず嫌いを見逃したり…。

その結果、次男は野菜嫌いの食べず嫌い。幼稚園の給食で苦労しているようです。
また、便秘がちにもなってしまったので、慌てて食について厳しくなった私に驚いているみたいです。

次男に給食で苦労をさせてしまったり体内のリズムを狂わせてしまったことで、今更ながら『嫌いなもの・初めてのものでも一口は必ず食べる』の食事ルールをやらなかったことを後悔しています。