ピアノのレッスン

私が3歳までにやっておきたかったことは、ピアノです。
実際に、幼い頃からピアノは習っていたのですが、
私が習い始めた時は小学校の3年生からでした。

親しかった友人の誘いで始めましたので、
当時は、どうしてもピアノが弾けるようになりたかった
という訳ではなかったのですが、続けていくうちに、
先生のように上手に弾けるようになりたいとか、
同じレッスン教室に通っている上手な子のように、
私も弾けるようになりたいと、段々と思うようになりました。

でも実際の私ときたら、手の形や姿勢など毎回同じことを
レッスンで指摘されてばかりでした。

そのため気持ちもどんよりしてきて、いやな気持ちを抑えながら、
レッスンに事務的に通っているような感じになっていました。

最終的に高校生の前半まで通っていたのですが、
今となってはまったく手が動かなく、
なに1つ弾けない状態になってしまいましたので、
レッスンをずっと続けさせてくれていた両親には、
本当に申し訳なく思っております。

でも今になって、ピアノを3歳までにやっておきたかったなと思う理由は、
ピアノは始める年齢が早いほど、上手になると言われているからです。

実際にピアノが上手な子は、3歳くらいから始めている方が多いですし、
また、遅く習い始めた私の実体験を言わせていただくのであれば、
先生に指摘されたことを感覚ではなく、頭で理解してしまっていましたので、
頭が重くなることが多く、直しづらかったです(身に着けづらかったです)。

早いうちに習っておけば、感覚で身に着けられますので、
ピアノが弾けることが当たり前で、
私のようにまったく弾けなくなるということはなかったのかもしれません。

私が使っていたピアノは、ずっと居間に置いてあるのですが、
最近姪が遊びに来た時に、楽しそうに弾いています。

姪はピアノは習っていないので、好きなように弾いているのですが、
その姿を見ていると、不思議ですが、なんだか微笑ましく思えます。

もう少し一生懸命にピアノを習っていれば、
姪にもピアノを教えてあげれたのになと、今では思っております。