トイレトレーニングと英語脳の形成

一つは三歳までにトイレトレーニングを終わらせておくことです。

保育園は三年保育が一般的になってきており、三歳から保育園デビューという子供が多いので三歳までに自宅でトイレトレーニングを済ませておくと保育園でも困らずに済みますし、先生にできるだけ迷惑をかけなくて済むのでこれは必ず三歳までにやらせておいたほうが良いです。

保育園の中でももちろんトイレトレーニングはしてくれますが、何しろ園児の数が多いため一人ひとりに手間暇をかけてあげることができません。

そしておむつがすんなりと外れた子はやはり先生から見ても手のかからない子として扱ってもらえますし、なかなか上手にできない子は先生の手もかかってしまい結果として親御さんも頭を下げることが多いので家でトイレトレーニングを済ませておくと安心して保育園に預けられます。

二つ目は三歳までに英語に触れさせておくことです。英語脳ができるのは生後半年までとも言われています。半年の子供に英語が分かるのか疑問に思うかもしれませんが、赤ちゃんの脳は膨大な量の情報を取り入れることができるのです。

つまり無限大なのです。この時期に英語に触れさせておくと、脳に自然と英語の考え方がインプットされて後々英語に出会ったときにすんなりと苦労せず英語を使えることができると言われています。

英語に触れさせるとは、英語の音楽を流したり英語のテレビ番組、アニメをつけておいたり、英語の本を見せてあげるだけでもよいのです。

とにかく日本語と同じように普段の生活の中に常に英語を取り入れておくことが重要です。三歳といえばおしゃべりができる時期なので小さいころから英語に触れさせておくと、脳が覚えているので英語の発音もネイティブ並みに上手に話せるようになります。もし英語を話せる人が身近にいればより良いです。

同世代の友達でも構いません。とにかく日本語も英語も同じように子供に与えることで英語脳は自然と出来上がってくるので三歳までには何かしらの英語に触れさせる環境づくりをすることが望まれます。